独り言は続く。

人生折り返し地点。まだまだやりたいこといっぱい。欲深く生きていきます。

主観的に物事、考えてない?

おはようございます、ぺこぺこまんだりんです。

 ここ1週間程度、もやもやしながらもココロの中は黒く過ごしていました。原因は

以下の記事に出てきた親子の件です。

pekopekomandarin.hatenablog.com

 ママ友さんの子供はいわゆる頭もよく運動神経もいい子で。

お友達と公園でサッカーをしていた様子を見ているととにかくうまい。

我が子はボールに触れないんですよ笑。

見かねた別の友達が我が子にボールを回してくれるのですが、とにかく

カットしていくんです。その際に「○○は下手、足が遅い」とかいちいち

言うのでワタクシは腹が立ったんですよね。

あとは最近、何かと我が子に対して自慢してくるので、なんだんだ?とは

思っていて、自分が優位に立ちたいというアピールなのかな、と思い

夫に経緯や自分の思いを伝えたところ…

「ぺこぺこまんだりんは主観的なところがあるからなあ。ママ友さんを

快く思っていないから、その子が何かバランスがとれていないのは何か理由があるからと結びつけてないかな」と。

これにはハッとしました。確かに物事を客観的に見ることは出来ていなかったかも。

だってママ友に対して「貴方の息子はこんな言い方するのよ」と勝手にココロの

中で喧嘩して、言い負かせをしているイメージを作るだけで興奮して怒りが収まらない

状態だったから。

「気にしないこと 我が子は我が子のいいところをフォーカスしよう、運動が出来なくて悔しい思いをしても、気づいて動くのは我が子 我が子の問題なのだから」と、

夫婦間で共有しました。ありがとう、夫。

なかなか自分の思考のパターンを変えることはできないけど、また同じ思考だ、と気づいたら、別の思考パターンを出していこう!